ヨーガを通して考える ‟愛”   

love1 

 本当に大げさな言い方になり、少し恥ずかしい気もするのですが、ヨーガに深く、一所懸命に取り組んでゆこうと思っている反面、はたして、自分の心がそれに相応しいのかどうか…?「慈しみの心」を、自分は常に持てているのかどうか…?よく自問自答してしまいます。

「いつでも、どんな人にでも、優しい気持ちと笑顔を持って、それを言葉や行動にできれば…」とは思っているつもりなのですが、なかなかそんな理想のゴールには、到達できずにいる自分を見つけてしまいます。そして、子供時代から、自分の心は変わり映えはしてないなあ…と成長のなさを感じてしまいます。

 そもそも“愛”とは何か?と自分に尋ねられても、うまく言葉で説明することはできません。だからといって、自分が“愛”をまったく知らない…というわけではありませんし、もちろん、“愛”は、とても大事なものであることもわかっています。

 そこで、あらためて、“愛”について、ヨーガの教えは、どう導いているかを調べてみようと思います。

森林の画像 6

 ヨーガを始めとするインドの聖典の教えは、常に“愛”の対象は、神様です。そして、“神様”と“愛”は、そもそも同じものであり、愛は、“大いなる存在、意識”であることが説かれます。

 言い換えれば、愛は、心を超えたものですし、それは、私達の心を奥底から照らしているものなのですね。

 ですから、愛とは何か?と言葉で説明できないのも当然なこと!

 そして、愛に満ちた行動とは、実はもっと自然なものであり、それは例えば、ふと目の前で転びそうになっている人をみた時、自然に手を差し出ている…というようなことであるのでしょう。

 つまり、愛の力による行動は、あれこれ考えるというものではなく、本来、自発的なものだったのです。

 その本当の愛に触れた時、心は、安らぎと幸福感を感じます。そして、この心地よさを私達は、すでに知っており、ずっと記憶の中に持っているのです。

 さらに、忘れてはいけないことがあります。

 それは、「神様は、いつもそばにいる」ということです。

 たとえその存在を信じていない人でも、気持ちがこめられていないお祈りであっても、神様は、そんなことに関係なく恩恵を注いでいます。

 それは、「神様の片思い!」といっても言い状態かもしれませんね。

 しかし、私達が、もし人間として崇高な心の成長を望み、それを実感したいのであれば、やはり片思いのままにしておかずに、神様へ信仰という態度で、愛をもって向かいあうべきだと説かれます。

love2 

 例えば、ヴィヴェーカナンダ師は、信仰における愛の三角形(※この三角形とは、ピラミッドのようなとても強固な形の比喩)として、神様を思う時には、盲目的な信仰ではなく、次の3点を重要ポイントとして気をつけるべきだと教えています。

1. 神様への愛、信仰は、恐怖がもとになっていてはいけない。―神様へ信仰を怠ると罰を受ける…という気持ちは拭い去るべき―

2. 神様へ愛、信仰は、どの神様が一番良いか…などと、比べたり、競い合わせるような対象としてみてはいけない神様に違いがあるなどと思っているのは、人間の心が勘ぐっているだけで、事実とは異なる。自身の信仰する神様へ一途であればそれで充分―

3. 神様への愛、信仰は、取引であってはならない。―お供えものはすべきであるが、だからといって、商売のような見返りを期待したり、ギブ アンド テイクのような考えを持ち込んではならない。―

 気づき05

 このような心がけが、サットヴァな状態であり、ここにおいて神様の恩恵、すなわち愛が感じとりやすくなるのですね。

 でもここで、しっかり識別すべきは、神様を信じよう、助けをもとめよう、愛していこう…というものは、自発的におきてくるものであり、待つしかないもの!ということです。

 そして、愛の三角形のような教訓は、自発的に起きた愛を心が信じ続けてゆくときに、始めて重要となってくるものだということです。

 神様への愛に信頼がおける時、この世界の二極の対立までもが、神様の力、世界の仕組みそのものであることに気づきます。そして、本当に色々な人がいて、それぞれに思いや言動があり、違ったり、共感できたり…と様々あるのですが、その原動力は、やはり神様なのです…。以前にも書いたハワイに伝わる素敵な言葉も、これに同じだったことを思い出しますね。

気づき06

 さて、このように、バクティ ヨーガで説かれた神様への愛を、「よりよい自分、よりよい人間関係をつくるため」に、短絡的に生かそうとするのは、あまりにも無理があるかもしれません。この世界の全てに対し、無条件の愛、恐怖のない思いを持つことは、あまりにも崇高すぎると感じますし、今の自分は、聖者のような悟りに満ちてはいないことは、自分自身でよく知っています…。

 しかし、私達は、心が愛で満たされている時には、何の不安もなく、幸福で平和な状態であることも知っています。

 そんな心の時には、余裕も自信もあり、難しい頼まれごとであっても気軽に引き受けてあげられるし、多少いやなことがあっても、あるいは人間関係に誤解があっても、何事もなかったように流してゆけるものですよね。

self-esteem

 愛は、自発的にうまれてくるものです。それ自体は、育むものはできません、それどころか、常に愛の力は注がれているのに、それに気が付けずにいるだけかもしれません。

 心は、それほどに繊細なものであり、混乱しやすいものなのです。

 ですから殺生や嘘をつくことを重ねれば、心はどんどん閉鎖的になり、否定的な思念にみちてしまい、愛の力は入り込む隙間もなくなってしまうのでしょう。

 また、これまでにもあげたように、私達が自然にあふれてくるはずの愛を勘違いして、まず行動や言葉から、愛の形を作ってしまおうとするのも、やはりどこか不自然なものです。愛に満ちた自分づくりは、時折、人からこう見られたい、自分はこうすべきだ!という気持ちだけが先走った、地に足がついていない状態になってしまうこともありますから、焦ってはいけませんし、その必要もありません。

 自分が心にしてあげられることは、愛の形づくりではなく、否定的な思念や言動に気づき、意識化した時点で、それをやめてしまったり、囚われなくするようにしかないのだろうとあらためて感じます。すると、バクティ ヨーガでの話だけでなく、同様にして、八支則のヨーガの禁戒であっても、実は、愛とは切ってもきれないものだった!という理解にもつながってゆきます。

キャンドルヨガ 6

 ディーバでは、すでにヨーガを学んだ方やさらにもっと深く知りたい方のために、違う側面から知識をつなげて頂けるようなコースを企画中です。これからも、みなさんと、学んでゆける喜びをシェアできればと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。

~神戸 元町 三宮 ヨーガスクエア・ディーバ~ヨーガスクエア・ディーバのHPはコチラDEVA