「ふれること」の大切さ♥

赤ちゃんママと

だっこや頭をなでる、触れるという行為は、子どもの心、体、そして脳を育てるうえで大切な役割を果たしています。特に生後1年間の赤ちゃんはママに触れられることで二つの信頼感が育まれるといわれています。一つめは、「自分はこの世に生まれた価値観があり、歓迎されているんだ」と安心できるような、自分自身の存在に対する信頼感。もう一つは、やさしく触れてくれるママをはじめとする、周りの人に対する信頼感です。ママと子どもが触れ合うことで信頼感を育み、親子の絆を深めます。これが、成長していく過程で家庭、地域、社会との関係性の源になるのです。時間の長さではなく、大切なのは愛情を持って触れること。「忙しいのに」とか「他の事したいのに」と思いながら触れるのではなく、短い時間でもいいので濃密コミュニケーションを!  まず愛情をもってニッコリ笑顔でなでなでしてみましょう♡                       きっとママの心も温かくなるはず 😆

~ 神戸元町三宮ヨガ ヨーガスクエア・デーバ ~

ヨーガスクエア・ディーバのHPはコチラDEVA