気高く咲いた蓮の花 

蓮の花2
蓮の花は、インドとスリランカの国花です。
ちなみに、日本の国花は、「桜」 と 「菊」です。
国花は、その国のイメージをよく表わしていますね。

古代インドでは、ヴェーダ聖典やバガヴァッド・ギーター
に、特徴的なシンボルとして蓮が繰り返し登場します。

泥から生え、気高く咲く花、 まっすぐに大きく広がり
水を弾く凛とした葉の姿が、俗世の欲にまみれず、
清らかに生きることの象徴のようにとらえられ、
このイメージは仏教にも継承されています。

もうすぐお盆ですが、仏教では、蓮の花は
極楽浄土の象徴とされています。