カテゴリー別アーカイブ: mom&baby

レポート:マタニティ ヨーガ研修会より 

”身体は、年老いても、心は、歳をとりませんよ!”

目の前の霧が晴れるようなメッセージを下さったのは、日本マタニティ ヨーガ協会の森田俊一先生です。産婦人科医である森田先生は、ヨーガの実践者でもあり、インド哲学へも深い造詣を持っておられます。日本におけるマタニティ ヨーガ普及のまさに立役者!

私は、先生の研修会で勉強させていただいてから、ほぼ22年が経とうとしていますが、確かな実績と知識を惜しみなく教えてくださる森田先生のおかげで、ディーバでもしっかりとしたマタニティ ヨーガのクラスを続けられています。

さて、今回のマタニティ ヨーガの研修会の冒頭で、先生は、まず「ネガティブな事態への対処法」をテーマにお話しくださいました。

一般的に女性は、ホルモン分泌の変化が男性に比べて大きく、ストレスを受けやすいと考えられています。それは、妊娠時にも同じく、妊婦さんは、これまでと違う激しい変化によって、心身もバランスを失い、戸惑いをみせることがあります。

また、周囲の環境も、妊婦さんにプレッシャーを与え、「つらい」という言葉をぐっと抑え込んでしまい、うつ状態をもたらすケースも!

気分が滅入り、自分はだめなんじゃないぁ、弱いんじゃないか…といった孤独感が、どんどん周りとの壁を高くし、”ネガティブの森”に入り込んでしまいます。

頑固な性格で柔軟な思考が持てない…、自己肯定感の希薄さにより自信が失われ、言葉や行動が緊張し、ぎこちなくなってしまう…、

こうした状態は、実は、もって生まれた性格というよりも、ストレスに影響されてしまえば、誰しもが陥ってしまうものだと思います。

”ネガティブの森”の住人になってしまうのは、人間社会では決して特別なことではありませんよね。

そこで、森田先生は、”好き、嫌い、寒さ、暑さ、といった対立的な二極があるのが自然の法則、しかし、それに心の自由が奪われないようにすることが、ヨーガを日常の生活に生かすこと!”と、教えてくださいました。

 ”いい子に育っても、いい子に育たなくても、それは、たまたまそういう子が与えられたのであって、決して自分の責任じゃないよ!

 失敗しても、成功しても、それは、あなたの責任じゃないよ!

 うまくいっても、失敗しても、第三者的な目をもって見て、巻き込まれないように気をつけよう。

 人生は思うようにはならないもの!

 だからといって、無力感にさいなまされ、落ち込む必要はまったくない。

 気分が滅入って、自分を追い詰めてしまう前に、誰かと話しをしよう。

 助けを求めよう!

 私だけが、なぜ? などと、問題を自分で抱え込む前に…」

マタニティ ヨーガの講習ではあるのですが、”ネガティブの森”へ入り込まないようにする知恵は、誰しもに共通のことと思えました。

そして、元気なとき、余力のある時こそ、信頼できる家族、友人、仲間を大事にし、気分転換のための散歩や買い物など、自分がリフレッシュしやすい行動を具体的にしておくことも重要な心構えとなるでしょう。

いざという時の対処法は、準備があれば、効果も抜群ですよね。

何よりも、自分の考え方を洗練しておくことは、何にも勝る財産!

ヨーガの智慧のように、何千年もの間、ずっと変わらずに伝承された宝の山を、私も、今一度見直していこうと思います。

~神戸 元町 三宮 ヨガスタジオ ヨーガスクエア・ディーバ~

★神戸元町・三宮から徒歩で通えるヨガ教室!肩こり、腰痛、むくみ、ダイエット、更年期障害、ストレスマネージメント、プライベートレッスン、企業研修、出張レッスンを行っています。
お気軽にご相談ください★

~神戸元町三宮ヨガスタジオ ヨーガスクエア・ディーバ~

ヨーガスクエア・ディーバのHPはコチラ→DEVA

 

マタニティヨーガ&骨盤底筋ケア

マタニティヨーガクラス🤰
呼吸法でカラダとココロを深めて赤ちゃんと一緒にリラックス💕
「イライラがスーッと抜けて、気持ちイイ」
「普段いかに緊張してたか気づきました。深い呼吸ができるようになって楽になりました」
出張先 林産婦人科様での可愛らしい妊婦さんの感想です꒰ღ˘◡˘ற꒱
ディーバでは、火曜日の10:30から「マタニティヨガ&骨盤底筋ケアクラス」を行っています。
働いている妊婦さんには、「ヨーガセラピー」のクラスでマタニティ対応させていただいていますので、安心しておこしください。

もちろん一般の方も参加OK!  尿失禁等のお困りの方への骨盤底筋ケア、不妊治療中の方、婦人科系疾患のお待ちの方、ご相談ください。個々に応じたレッスン内容で満足していただけるよう心がけております。

冷性の方からはレッスン後、一日中お腹が温まったと嬉しい感想をいただきました♪(´ε` )

ユックリとした動きなので、ヨガ初心者、身体の硬い方、腰痛の方にも最適です。
Let’s enjoy ♬

〜神戸 元町 三宮 ヨーガスクエア・ディーバ〜 ヨーガスクエア・ディーバのHPはコチラ→DEVA

母と子のヨーガ👶

「母と子のヨーガ」のレッスン風景です!

外は風が吹いて寒くてもスタジオの中は床暖、お日さまが溢れ、そして子供達の元気エネルギーでポカポカ☀
みんな自由に歩き回ったり、オモチャで遊んたり、ダッコしてもらったり、ママにくっついたり自由に動いてます♪(木曜10:45〜12:15)

生後1ヶ月から参加できます。
ベビーヨガの後は、スタッフがお子様をお世話させていただきます。その間はママのリフレッシュヨガでお疲れを癒してくださいね♪

ディーバでは「母と子のヨーガ」を始めて22年を迎えようとしています。始めの頃お越しいただいていたお子さまは大学卒業されるとお聞きして、月日の過ぎる速さにビックリ👀、そしてお子さまの成長を嬉しく思いました。ヨーガの輪が広がっていくと嬉しいです♥

〜神戸 元町 三宮 ヨーガスクエア・ディーバ〜 ヨーガスクエア・ディーバのHPはコチラ→DEVA

マタニティヨガ ~働く妊婦さんを応援します~ 

images

告げられた赤ちゃんの誕生!それは、喜びに溢れる瞬間ですよね。

しかし働きながらの妊娠さんには、大変な苦労もあります。以前よりは、随分と人々の意識も変わってきてはいますが、やはり心身のストレスは、簡単には軽減されるものではありません。

ken-livingstone-announces-tube-priority-seating-pregnant-women

満員電車で立ちっぱなしになってしまったり、書類に凝視しながらパソコンの前に長い時間座り続けるのは、どうしたって疲れがたまりますし、その上に、妊娠時特有の身体のコンディションともつきあってゆかねばなりません。

つわりでムカムカして食欲が減ったり、逆に食べづわりで空腹時に気持ち悪くなってしまったり…また、便秘、肩こり、腰痛、足のつり、だるさ、むくみ…など、様々な症状があらわれるたびに、ご自身の身体の体調変化に戸惑いを感じることでしょう。

そんな赤ちゃんを迎える大切な準備期間には、心身を快適な状態に保つマタニティヨガが役立ちます。ヨガを通して、呼吸と共にユックリ身体を動かしてゆくと、自然に心もホッコリと弛んでゆくでしょう。あなたの喜びに満ちた笑顔が、お腹の赤ちゃんを幸せにしてゆくこと間違いなし!

maxresdefault

getty_rf_photo_of_group_of_pregnant_women

ディーバのマタニティヨガのプログラムは、身体の不調を改善するポーズ、陣痛のいきみ逃しの呼吸法、そして不安解消の瞑想も、同時にたっぷりとお伝えしていますので、きっとご満足いただけることでしょう。

通常、マタニティヨガのクラスは、火曜日10:30〜12:15に行っていますが、 働いていらっしゃる方、火曜日にお越しできない方などのために、 他の全てのクラスでレッスンが受講できるように対応しています。

平日の朝、昼、夜のクラス、また土日のクラスなど…あなたの都合のつく時間をご相談ください。

マタニティヨーガで日々のスケジュールから解放されたひとときは、かけがえのない幸福にみちた時間です!

お腹の赤ちゃんと一緒に心ゆくまで楽しんでください、きっと満足できるお産に繋がりますよ。

〜神戸 元町 三宮 ヨーガスクエア・ディーバ〜ヨーガスクエア・ディーバのHPはコチラDEVA

つなごう シナプス 、かがやく 私へ!

6920878-cute-baby   無邪気な赤ちゃんの笑顔には、本当に癒されますね。そして、その成長してゆく力に、驚かされるばかり!

 旺盛な好奇心!?とでも表現したら良いのでしょうか、手に触れるもの、目に入るもの、耳から聞こえてくるもの、肌に感じるもの、五感から得られるすべての情報を、これから生きてゆくために、どんどん蓄えているかのようです。

脳の発達とは、

脳の研究と早期教育の重要性について提言されている久保田競先生は、脳の発達について次のように説明されています。

「脳の神経細胞は生まれたときすでに140億個もあり、その神経細胞から出ている樹状突起物が、互いにつながりながら伸びて広がってゆくことで、情報を伝える働きをしてゆく。このつながり部分が“シナプス”と呼ばれるもので、このシナプスこそが、脳の発達を左右する重要なものなのです。

脳神経細胞の数は、大人になってもそれほど変わらなくとも、この“シナプス”の数の広がりが重要、赤ちゃんが刺激を受け、それに反応しながら新しいことを学んでいくと、このシナプスはどんどんふえ、樹状突起が伸び、広がっていき、脳が発達してゆくのです。」

bigstoc-Elecdtrical-FEATURE-Synapse-23693195-300x200

 このシナプスの発達は、一生続くものだそうですが、久保田競先生は、子供の頭の良さについても、次のように説明してくださっています。

「知能をひと言で言えば“自分で問題の解決法を見つけて行動できる能力”だと私は考えます。そのためには、学校の成績をよくする記憶力や集中力だけでなく、感受性、積極性、独創性、意思、運動力、注意力など、あらゆる面でバランスがとれて、前頭連合野がうまく働く状態が理想です。それこそが本当の“頭のいい子”なのです。」

e4ac2da82389b29e_baby-talk_jpg_xxxlarge_2x

そして、乳幼児への語りかけがとても重要であることも、先生は同様に主張されています。

「赤ちゃんは、生まれたばかりでも周りの音がよく聞こえています。単なる音ではないお母さんの語りかけは、毎日同じ言葉を音として繰り返し耳にするうち、頭の中で“気持ちいい”と感じる部分が働くようになります。さらにほかの雑音と違い、毎日、お母さんが同じ音を発しているから、“この音には意味があるんだな”、と理解するようになっていきます。もちろん、話しかけられた言葉の内容まではまだ理解できていませんが、そこになんらかの意味を感じとることで、脳の神経細胞は確実に発達していきます。」

この言葉の働きかけこそが、言葉の栄養となっていることは、アメリカの各大学でも様々な研究が行われています。

 例えばカンザス大学の研究では、親の語りかけが多く、しかも命令調ではなく、ある程度長い会話をするほど、知性的な土台ができることがわかっており、また,ワシントン大学では、他者との関わりが、言語、認知、感情の発達の入口となり、それらが統合的に開発されていくことが報告されています。

a_good_action_c

さて、この素晴らしいシナプスの回路も、使わなければやっぱり減ってしまうそうです。近年、老年学の研究も進み、適度な運動、手先を使う楽器の演奏、新聞等をしっかり読んだり、新しいことにチャレンジすると、年老いてもシナプスがつながることがわかっています。ヨーガのアーサナや呼吸法も、この点で非常に貢献できると私たちは、考えています。

 

dandelion-girl-shutterstock_23954992

 さて、このブログでは、もう少し、深くほり下げてみようと思います。ヨーガを通して、日ごろ、心身の健康について向きあっていますと、あらためて、本当の知性とは何だろう…、私たちが望む知識に留まらない知恵とは何だろうか…と、自然に考えてしまいます。

 人間の健康を客観的に考える際には、WHOの定義を思い出すのですが、そこには、身体、心、社会という点だけでなく“宗教的に健全”であることも加えられています。

 つまり、ヨーガを通し、大人として成長した時の知恵とは、この宗教的な健全性に確信が灯ることではないでしょうか?

「生きてゆけることにありがたいという思いが自然に持てること」

「自分だけではなく、周りもよく見えること」

「自分もかけがえのない存在であり、社会もかけがえのない存在であること」

「移り変わり、寒暑の違いなどがある世界の中にあって、幸福や平和が素晴らしいと思えること…」

energy 数え上げればきりがありません。赤ちゃんの頃とは違い、大人の賢さとは、「どのような判断をして、どのように行動するか」で測られるものです。

 そのためには、「どのような考え方を自分がしているのか」を、しっかり知る必要があります。

 ただ、自分の考えや価値観を振り返るにも、やはり筋道というものがありますよね。この点でも、ヨーガには、優れた聖典があるのは、やはり見逃せません。古来から精神修行法として体系化されたヨーガ、そこには、時代に流されない聖典の教えがあり、今の時代を生きる私達自身を見直すきっかけを与えてくれるのです。

 11月21日に開催する“ハートtoハート”は、聖典ヨーガスートラをもとに、みなさんと深淵な知識と智慧に触れて行ければと思い企画したものです。ヨーガの深い知識を基に力を入れずに自然な雰囲気で皆さんと学ぶ機会になればと願っています。

是非、ご参加ください。お待ちしています!

~神戸 元町 三宮 ヨーガスクエア・ ディーバ~

ヨーガスクエア・ディーバのHPはコチラDEVA